実行委員長 お礼のあいさつ

こころ晴れ晴れおかやま魂

 過日開催されました第14回おかやま桃太郎まつり第21回うらじゃにおきましては、観客の皆様、踊り連の皆様、ボランティアスタッフの皆様にご支援、ご協力を賜り、無事終了することが出来ました。皆様うらじゃを楽しんでいただけましたでしょうか。
 本年は140の踊り連、6400名の踊り子にご参加いただきました。また連日終日の雨にも関わらず36万人近い観客が県内外から訪れていただきました。

 連日雨が降り開催が危ぶまれましたが、参加される皆様の思いを考え「開催」という選択をさせていただきました。雨の影響により中断等があり参加される皆様に多大なご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありませんでした。

 本年21回目を迎え、テーマの「笑(しょう)」の文字のとおり観客の皆様、参加する踊り連の皆様、まつりに携わるすべての人たちがうらじゃを通じ笑顔になって頂けるよう準備してまいりました。今年頂いた皆様の笑顔を力に変えて、これからの「うらじゃ」を更に大きく更に楽しいまつりにしていくよう励みますので、今後とも皆様の笑顔を頂けますようよろしくお願い致します。

 本来であれば拝眉の上、ご挨拶申し上げるべきところではありますが、書中を持ちまして御礼のご挨拶とさせていただきます。ご支援、ご協力、誠にありがとうございました。

実行委員長 平野彰一
平成26年8月吉日
第21回うらじゃ実行委員会
実行委員長 平野 彰一

実行委員長あいさつ

実行委員長からのご挨拶

踊り連の代表者の皆様へ

「笑」 〜こころ晴れ晴れおかやま魂〜

昨年第20回「うらじゃ」は踊り連を始めとされます、「うらじゃ」に関係する全ての皆様のご尽力を賜り、無事終了する事が出来ました。 誠にありがとうございます。市役所筋パレード開始前に大雨が降り開催も危ぶまれましたが、皆様の願いが通じ、無事開催する事が出来、昨年もまつりの醍醐味を感じる事が出来ました。 フィナーレである総おどりにおきましても多くの方に参加していただき、盛況の中に「うらじゃ」を終える事が出来ました。

今回で21回目を迎えます「うらじゃ」は、テーマを笑(しょう)とさせていただき、岡山の熱い夏を盛り上げて参りたいと思います。 1994年に「共生と融和」をテーマに生まれた「うらじゃ」は昨年20回目の節目を迎えました。 様々な人々、市民の皆様、ボランティアスタッフ、踊り連、多くの観客の皆様に支えられ「うらじゃ」は全国に発信できるまつりへと成長しました。 その「うらじゃ」も今年21歳となり、次なる飛躍へと繋げて行く必要があると考えています。 今まで以上に、踊り連として、ボランティアスタッフとして、観客として参加してくださった全ての皆様が心の底から楽しんでいただき笑顔になれる「うらじゃ」へ、 また、「うらじゃ」を通じて、笑顔の「素」を参加してくださった全ての皆様に感じていただき、 参加してくださった方々の笑顔の輪が連なることで、ちから溢れ、笑顔の光り輝く岡山のまちの創造の一端を「うらじゃ」が担っていければと思います。

昨年の「うらじゃ」は踊り連で6,900人、ボランティア参加者数800人、観客数58万人という規模で、開催されました。 本年もよりまつりを成長させ大成功に導くためにも、皆様のご理解とご協力、そしてご支援を賜りますようお願い申し上げ、実行委員長の挨拶とさせていただきます。

第21回うらじゃ実行委員会
実行委員長 平野 彰一